診 療 科 目

内科・消化器内科・循環器内科・放射線科・リハビリテーション科

 

 

外来診療受付時間

 

 

検 査 ・ 治 療

– 心臓・循環器系の検査・治療 –
ホルター型心電図検査
– 胃腸・消化器等の検査・治療 –
上部消化管内視鏡検査
下部消化管内視鏡検査
人工肛門の管理
消化器系領域の一次診療
– 皮膚病・アトピー検査・治療 –
真菌検査《顕微鏡検査》
– 甲状腺・血糖の検査・治療 –
インスリン療法

 

 

C T

– マルチスライスCT –
当院では、マルチスライスCT(16列)を導入し、検査業務を行なって  おります。

~検査時間の短縮~
新しいCT装置では高速かつ詳細な画像を撮像することが出来き、肺の検査ならば1回の息止め(約16秒)での検査が可能となりました。長い息止めが困難な方でも安心して検査が受けられます。

また、薄いスライス厚での撮像にて微細な肺野病変や整形外科・耳科領域の評価やヘリカルスキャンによる三次元画像や多方向からの再構成画像も作成可能になり、病変の立体表示や周囲組織への広がりを詳細に見ることが出来ます。
マルチスライスCTで懸念されている被爆量も、画像を損なうことなく被爆を低減する独自のプログラムが搭載されているため患者さまにも安心してCT検査を受けていただくことができるようになっております。

当院ではご予約CT検査だけでなく、紹介当日の検査・読影も受けております。

– 内視鏡 –

 当院では、オリンパス製のハイビジョンスコープを導入し、上部及び下部消化管の内視鏡を施行しております。上部消化管につきましては、経口内視鏡と経鼻内視鏡を準備し、患者様のご希望や症状に応じて使い分けています。経鼻内視鏡は嘔吐反射を起こさず、術者と会話も出来るため、「この次も鼻からいれてほしい」との感想を頂いております。一方、経口内視鏡はNBI(Narrow Band Imaging,狭帯域光観察)により、粘膜表層を高コントラストで観察できるため、悪性腫瘍の早期発見に優れています。
 消化器症状のある方・便鮮血陽性の方・大腸ポリープ切除及び切除後のフォローアップやスクリーニング検査を希望される患者様がおられましたら是非ご連絡下さい。

 

 

リ ハ ビ リ

・脳血管疾患等リハビリテーション

・運動器リハビリテーション

・呼吸器リハビリテーション

 

 

専 門 外 来

・内視鏡検査 ・大腸内視鏡 ・循環器疾患

 

 

在 宅 医 療
【訪問診療・訪問看護指示】
気管切開部の処置(カニューレ処置)
経管栄養(胃瘻栄養法、経鼻栄養法)
酸素療法(酸素吸入)
人工肛門の管理(ストーマケア)
中心静脈栄養(高カロリー輸液)
点滴の管理
尿カテーテル(留置カテーテル等)
褥瘡の管理(床ずれの管理)
など

 

 

予 防 健 診

インフルエンザ  B型肝炎

PAGE TOP